OUIK > 生物文化多様性 > 地域との研究活動 > 能登

生物文化多様性Biocultural diversity platform

能登

能登の里山里海の保全と活用

能登の里山里海は2011年に佐渡とならんで、先進国ではじめてFAOにより世界農業遺産に認定されました。国連大学はその認定支援をはじめ、国際発信など様々な形で関わってきました。
現在認定から5年が経過し、認定時に策定されたアクションプランの改訂作業が進んでいます。また同時にこれまでのアクションプランの進捗状況のモニタリング作業も進んでいます。OUIKでは石川県と推進協議会を構成する9市町自治体の皆様と協力しながら、これらの作業に深く関わるとともに、能登の里山里海の保全・活用のあり方、多様な関係者が関われるプラットフォーム型の資源管理体制 などの面からアドバイスしています。
特に、公共性が高く、市場メカニズムが働きにくい生物多様性のモニタリングに関しては、石川県や自治体、金沢大学里山里海マイスタープログラムと連携し、簡便なモニタリングシステムの開発を目指しています。

activ-noto01

アクションプラン改訂ワークショップを9自治体、石川県、金沢大学とともに実施

能登の里海シリーズ講座

世界農業遺産としての能登の里山里海は、ため池や棚田、塩田、祭りなど様々な構成資産からなり、農業、林業、水産業すべてが対象となっています。能登は里山だけでなく、日本有数の藻場や海女漁など豊かな里海資源にも恵まれているにも関わらず、世界農業遺産の文脈ではこれまで海の中の生態系や生業に特化して議論されることはあまりありませんでした。2015年度から能登の自治体の方々と協力し、各地域の里海資源にスポットをあてて、関係の専門家を県外から迎え、それに呼応する地元の専門家や水産業従事者のお話を聞き、能登の里海の価値を学び発信する「能登の里海」シリーズ講座を開催しています。
2015年3月に里海ムーブメントのキックオフシンポジウムを開催、同年7月には七尾市で藻場が生態系に果たす役割を、8月には穴水町で里海資本主義について、12月には珠洲市で貝について講座を開催しました。これまでの開催詳細は里海シリーズ講座のイベントレポートからご覧いただけます。能登の里海シリーズ講座は今後も定期的に開催してゆきます。

里山と里海のつながり

能登地域では様々な農林水産業が盛んで営まれており 世界農業遺産構成要素として美しい景観を構成しています。この調査ではそのような「能登の里山里海」を生業の面から考え、世界農業遺産としてのコンセプト、重要性そして魅力についてのモデルケースやコアエリアを選定し人間の社会経済活動と里山里海の構成要素との相互関係を考察します。
第一段階として、「能登の里山里海」を代表する典型的なモデルケースを選定するために、里山と里海を生業の場として関わる人の営みに焦点をあて、2015年4月から家計から見る「里山と里海のつながり」について調査しています。 特に能登の里山里海で暮らす人々の「生業」に注目し、一つの家計が多様な生業の営みによって地域資源を巧みに利用しながら保全する、里山と里海を動的に繋げる人間の社会経済活動について調査します。

News新着情報

【開催報告】令和2年度第4回能登の里海セミナー「里海の保全から考えるSDG14の達成 -『海洋の温暖化・酸性化』ー」

令和2年度、4回にわたって開催した「能登の里海セミナー」。4回目の今回は、SDG14「海の豊かさを守ろう」の10のターゲットの中から、地球温暖化による海洋温暖化や酸性化削減に関する「SDG14.3」を取り上げました。3名の専門家にご登壇いただき、国内外における近年の海洋の温暖化・酸性化の影響や保全の ...Read more

能登GIAHS生物多様性ワーキンググループ 第一回準備会合

能登地域の自治体が組織する「能登地域GIAHS推進協議会」が「能登の里山里海」を世界農業遺産に推薦し、2011年6月に認定されてからもうすぐ10年になります。能登地域GIAHS推進協議会では能登の里山里海の保全と活用を目指し、保全活用計画を策定しています。現在2度目のアクションプランの改訂作業が進ん ...Read more

【開催報告】令和2年度第3回能登の里海セミナー「里海の保全から考えるSDG14の達成 -持続可能な水産資源の管理-」

今回の「能登の里海セミナー」では、SDG14の10個のターゲット(目標)から、持続可能な水産資源管理の取り組みに関するSDG14.4と14.6について勉強し、水産の研究、流通、生産と立場の違う3人に、石川県の豊かな水産物と漁業の魅力を語っていただき、これからの水産資源の維持について考えました。 ...Read more

富士フイルム・グリーンファンド「グリーンレター」の最新42号「里海ー人と海のつながり」

富士フイルム・グリーンファンド「グリーンレター」の最新42号「里海ー人と海のつながり」に、イヴォーン・ユー研究員の記事「能登に生きる海女さんたちからみえる里海」が掲載されました。能登の里海セミナーにも登壇した石川県輪島海女の早瀬千春さんを特集しています。下記のURLにてご覧になれます。 https ...Read more

第3回能登×イフガオ国際交流プログラム

第3回目の能登×イフガオ国際交流プログラムは12月17日(木)に行われました。   第1回目のレポート・このプログラムの背景はこちらから。 第2回目のレポートはこちらから。 今回は、交流の前に世界農業遺産「能登の里山里海」について学習しました。 まず、世界農業遺産のDVDを視 ...Read more

ごっつぉ草紙 Red data cook book

2018年、国連大学OUIKでは「世界農業遺産(GIAHS)能登の里山里海」の価値を次世代に伝えるため、教育絵本「ごっつぉをつくろう」を制作しました。この本は季節ごとに様々な地域の食材を使いながら能登の祭りごっつぉ(ご馳走)を作っていく物語です。「食」を通じて能登の農業や生き物、文化の理解を深めることを目的としています。

2019年、このその絵本を元に輪島市で「地域に根ざした学びの場・まるやま組」では地域のご馳走の食材をあつめながら自然や文化について学ぶモデル授業「三井のごっつぉproject」を輪島市立三井小学校の児童を対象に行いました。

この「ごっつぉ草紙 Red data cook book」は一年を通して行ったこの教育活動の記録です。さらに授業の中では紹介できなかった地域に残る郷土料理や食材など「ふるさとの味」を季節ごとに紹介しています。

 

発行   2020年10月16日 World Food Day

制作   能登地域GIAHS推進協議会

協力   輪島市立三井小学校、輪島市三井公民館、市ノ坂集落、輪島エコ自然農、能登SDGsラボ、能登里山里海SDGsマイスタープログラム

企画・編集・デザイン・写真  萩のゆき(萩野アトリエ、まるやま組)
萩野紀一郎(富山大学芸術文化学部、まるやま組)

モニタリング・解説  伊藤浩二(岐阜大学、能登SDGsラボ連携研究員、まるやま組)

発行   国連大学サスティナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)

 

以下のファイルより内容をご覧いただけます。
See attachment.

red data cook book 20201016

第2回能登×イフガオ国際交流プログラム

第2回目の能登×イフガオ国際交流プログラムは11月26日(木)に行われました。 第1回目のレポート・このプログラムの背景はこちらから。 今回のテーマは「食文化」、フィリピンのイフガオと日本の能登の食べ物とではどのような違いがあるのでしょう。今回は事前学習として、それぞれの地域でお米を使った伝統的 ...Read more

【開催報告】食から考える「世界」と「能登」~能登の里山里海の可能性~

国連が定めた10月16日の世界食料デーにちなんで、そして能登の食文化と自然や農業とのつながりを伝える絵本「ごっつぉをつくろう」の動画版の公開を記念し、国連大学OUIKでは世界と日本の食料をめぐる課題について学び、石川県の世界農業遺産「能登の里山里海」で暮らす人々の営みと食とのつながり、そして子供たち ...Read more

第1回能登×イフガオ国際交流プログラム

SDGs未来都市にも選定されている石川県珠洲市では、2018年に能登SDGsラボが開設され、2020年度から市内全小学校を対象とした、SDGs教育プログラムを開始しました。世界農業遺産(GIAHS)「能登の里山里海」に関する教育プロジェクトを進めている国連大学OUIKは、このSDGs教育プログラムと ...Read more

絵本「ごっつぉをつくろう」動画版公開

世界農業遺産(GIAHS)「能登の里山里海」や地域の食文化の価値を次世代に伝えるため、能登地域GIAHS 推進協議会、国連大学IAS-OUIKでは地域の有識者とともに絵本「ごっつぉをつくろう」を2018年に作成しました。能登での暮らしや季節ごとの行事、食文化について楽しく学べる、大人にとっても興味深 ...Read more

さらに記事を見る

Pick up

Banner:Conference