OUIK > 生物文化多様性 > 地域との研究活動 > 金沢

生物文化多様性Biocultural diversity platform

金沢

金沢市 生物文化多様性圏と創造都市:持続可能な都市モデル

OUIKは発足以来、金沢市の多面的な都市機能に関する知見を集約し、セミナーやシンポジウムを通じて情報発信を行なってきました。中でも、金沢で育まれた城下町文化と自然との関係に注目した研究会「都市と生物多様性」を主催し、建築、食文化、工芸などの都市文化と生態系サービス(自然の恵み)との関連をそれらに携わる人びとと協力しながら、紐解いていく取組みを進めてきました。

OUIKでは現在「生物文化多様性圏 」という耳慣れない考え方を提唱しています。
これは、金沢の都市としての豊かさは、文化を支える自然、そして自然を生かす文化から成り、街の中心部は周辺部の自然や文化に支えられ、周辺部もまた中心部の影響を受けており、双方の持続性を考える必要があるという問題意識が込められています。もちろんその周辺部には、能登地域や加賀・白山地域が含まれます。
金沢は、山や海が比較的近距離に立地するという地理的条件に恵まれ、地形を巧みに利用した都市の骨格や、自然素材を取り入れた工芸技術、食文化などを発展させ、都市文化と自然の共存を守ってきました。OUIKでは、金沢の経験と戦略を、世界人口の半分以上が大都市に集中する現在における持続可能な都市のあり方のモデルとして検証し発信しています。

2015年5月、金沢市は日本の都市で初めてユネスコ創造都市ネットワーク会議金沢2015を開催しました。このタイミングに合わせ、OUIKはこれまでの取組みを総括するため、国際シンポジウム「石川ー金沢生物文化多様性圏ー 豊かな自然と文 化創造をつなぐいしかわ金沢モデル」〔2015年5月28日〕を主催し、「生物文化多様性圏」の考え方を提案しました。

金沢市との共同的な取組みは単に情報発信にとどまらず、金沢市の生物多様性地域戦略〔2016年3月策定〕の基本的な方針に生物多様性と文化多様性の保全の考え方が位置づけられ、政策立案に貢献する成果として結実しました。
これに先立ち、2015年には、渡辺OUIK所長が地域戦略策定委員会委員長に就任するとともに、OUIKと金沢大学留学生センター、金沢市が連携し国際的な視点からみた金沢の自然と文化に関するワークショップ、ならびに発酵食や和菓子などの生産事業者と連携した食文化に関する ワークショップを開催し、戦略策定に有用な情報を提供しました。
今後、OUIKでは地域戦略が実のある行動に結びつくことを目指し、金沢市が推進する生物文化多様性に関するキープロジェクトの実施を支援していきます。さらにこれらの一連の取り組みをユネスコ創造都市ネットワークの国際的な枠組みで発信し、世界の持続可能な都市づくりに貢献することを目指します。

News新着情報

【イベント告知】SDGsカフェ# 18 木の文化都市・金沢の「木づかい」を考えよう!

★このイベントはオンライン開催です。こちらより事前登録が必要です。 国民一人当たり一年に1,000円が課税される森林環境譲与税を知っていますか? 課税が始まるのは2024年ですが、実はこのお金が前倒しで森林整備のために自治体に配布されています。森林面積が6割を占める金沢市にとって、森林資源を未来の ...Read more

IMAGINE KANAZAWA 2030 パートナーズ 交流会#5(2021年9月16日)の開催

金沢ミライシナリオをパートナーシップで実践するためのプラットフォームであるIMAGINE KANAZAWA 2030パートナーズ。2021年9月10日時点で157の企業、団体、個人が参加しています。パートナーズ交流会では、毎回、参加者が「パートナーズのみなさんと協働で実行したいプロジェクト」をピッチ ...Read more

IMAGINE KANAZAWA 2030 「金沢SDGs推進のための民間資源活用に関する勉強会」開催

社会課題の解決や新しいプロジェクトを進めていくうえでは、個人や組織の技術や努力(「ヒト」)のほか、解決策やサービスを提供するツール(「モノ」)、そして人々や組織の活動を支えるお金(「カネ」)といったいわゆる経営資源を下支えしていくことが重要です。加えて、モノやサービスづくりを支える自然資源、知識や情 ...Read more

IMAGINE KANAZAWA 2030 パートナーズ 交流会#4(2021年8月18日)の開催

金沢ミライシナリオをパートナーシップで実践するためのプラットフォームであるIMAGINE KANAZAWA 2030パートナーズ。8月18日に合計第4回目、2021年度では第2回目となるパートナーズ交流会がオンラインで開催されました。今回も企業や各種団体、また個人の方と多くの方々にお集まりいただきま ...Read more

IMAGINE KANAZAWA 2030 パートナーズ 交流会#3(2021年7月13日)の開催

金沢ミライシナリオをパートナーシップで実践するためのプラットフォームであるIMAGINE KANAZAWA 2030パートナーズ。始動から早1年が経過し、約140の企業、団体、個人の方にご登録いただく大きなプラットフォームに成長しています。パートナー会員間の交流が生まれる場、パートナーズ交流会を昨年 ...Read more

【開催報告】ホタル鑑賞へ行こうーホタルが棲む幸町・菊川へ

石川県金沢市内の中心域にはホタルが生息できる環境が残っています。昭和期以降の都市化や宅地化により、ホタルの生息数が減少していましたが、下水道の整備が進み、水質改善に伴い、まちにホタルが舞い戻ってきています。金沢市では過去30年以上にわたり、市民参加型の「ホタル生息調査」が実施されています。地域の自然 ...Read more

【開催報告】SDGsカフェ#17 金沢発! 経済の地域循環とCO2削減を実現するグリーンボンドのしくみを学ぼう!

2021年度最初となるSDGsカフェは、新しい概念によるお金が流れるしくみ、「グリーンボンド」がテーマ。持続可能な社会を実現するためにはお金の話も重要。これは環境課題を解決しながら経済成長もするという、一石二鳥、一石三鳥ともなりうるものです。 環境課題を解決するグリーンプロジェクトのうち、規模が大 ...Read more

「千田家庭園」清掃SDGsツアー ―市民も観光客も庭師になろう!―

 3月28日日曜日に、長町武家屋敷エリアに位置する金沢市指定名勝千田家庭園(非公開庭園)にて、庭園清掃SDGsツアーを開催しました。このツアーは、これまでJuan Pastor Ivars 研究員が金沢市内の自然と文化を体感するために開催してきた庭園清掃ワークショップを、観光客も参加するツアーモデル ...Read more

日本庭園ワークショップをSDGs観光ツアーに

OUIKのJuan Pastor Ivars 研究員が、金沢の緑や街並みをみんなで守っていくために考案した日本庭園ワークショップを、観光ツアーのコンテンツとして企画しました。 この試みは、2020年のSDGs未来都市に金沢市が認定され、テーマとなる「責任ある観光」を推進するため催行した金沢SDGs ...Read more

【開催報告】SDGsカフェ# 16 当事者に教えてもらおう! 「多様な働き手と企業をつなぐダイバーシティ経営」

金沢SDGsでは、持続可能な金沢を実現するための大切な5つの方向性を導き出しました。その4番に「誰もが生涯にわたって、学び活躍できる社会風土をつくる」を位置づけています。そのためには、まずは多様な人が働ける労働環境が大切です。 では、現在、障害のある方は“個人の強み”を生かして活躍できているのでし ...Read more

さらに記事を見る

Pick up

Banner:Conference