OUIK > 生物文化多様性 > 地域との研究活動 > 金沢

生物文化多様性Biocultural diversity platform

金沢

金沢市 生物文化多様性圏と創造都市:持続可能な都市モデル

OUIKは発足以来、金沢市の多面的な都市機能に関する知見を集約し、セミナーやシンポジウムを通じて情報発信を行なってきました。中でも、金沢で育まれた城下町文化と自然との関係に注目した研究会「都市と生物多様性」を主催し、建築、食文化、工芸などの都市文化と生態系サービス(自然の恵み)との関連をそれらに携わる人びとと協力しながら、紐解いていく取組みを進めてきました。

OUIKでは現在「生物文化多様性圏 」という耳慣れない考え方を提唱しています。
これは、金沢の都市としての豊かさは、文化を支える自然、そして自然を生かす文化から成り、街の中心部は周辺部の自然や文化に支えられ、周辺部もまた中心部の影響を受けており、双方の持続性を考える必要があるという問題意識が込められています。もちろんその周辺部には、能登地域や加賀・白山地域が含まれます。
金沢は、山や海が比較的近距離に立地するという地理的条件に恵まれ、地形を巧みに利用した都市の骨格や、自然素材を取り入れた工芸技術、食文化などを発展させ、都市文化と自然の共存を守ってきました。OUIKでは、金沢の経験と戦略を、世界人口の半分以上が大都市に集中する現在における持続可能な都市のあり方のモデルとして検証し発信しています。

2015年5月、金沢市は日本の都市で初めてユネスコ創造都市ネットワーク会議金沢2015を開催しました。このタイミングに合わせ、OUIKはこれまでの取組みを総括するため、国際シンポジウム「石川ー金沢生物文化多様性圏ー 豊かな自然と文 化創造をつなぐいしかわ金沢モデル」〔2015年5月28日〕を主催し、「生物文化多様性圏」の考え方を提案しました。

金沢市との共同的な取組みは単に情報発信にとどまらず、金沢市の生物多様性地域戦略〔2016年3月策定〕の基本的な方針に生物多様性と文化多様性の保全の考え方が位置づけられ、政策立案に貢献する成果として結実しました。
これに先立ち、2015年には、渡辺OUIK所長が地域戦略策定委員会委員長に就任するとともに、OUIKと金沢大学留学生センター、金沢市が連携し国際的な視点からみた金沢の自然と文化に関するワークショップ、ならびに発酵食や和菓子などの生産事業者と連携した食文化に関する ワークショップを開催し、戦略策定に有用な情報を提供しました。
今後、OUIKでは地域戦略が実のある行動に結びつくことを目指し、金沢市が推進する生物文化多様性に関するキープロジェクトの実施を支援していきます。さらにこれらの一連の取り組みをユネスコ創造都市ネットワークの国際的な枠組みで発信し、世界の持続可能な都市づくりに貢献することを目指します。

News新着情報

Urban Biocultural Diversity: “Urban realities and urban nature” Reading Workshop in South Africa

During the first week of April, 13 researchers from around the world met in East London, South Africa to publish a book on urban biocultural diversity ...Read more

金沢市指定文化財「千田家庭園」清掃ワークショップ開催

3月31日、金沢市指定文化財の一つでもある千田家庭園(非公開)にて清掃ワークショップが行われました。 庭園の維持は手のかかる作業です。普段からの木々の手入れ、草むしりなどに加え、特にこの千田家庭園のように大きな池があり、用水から水を引いているタイプの庭園では、定期的な池の清掃も必要になってきます。 ...Read more

IMAGINE KANAZAWA 2030 発足

OUIKは、金沢市、金沢青年会議所ともにSDGs実践にかかる勉強会を重ね、3月23日(土)に3者で金沢市のSDGs推進に関する3者共同宣言を行いました。宣言式では、山野之義金沢市長がIMAGINE KANAZAWAと銘打った金沢市SDGsの重点分野を説明し、続いて中泉金沢青年会議所理事長がJCI金沢 ...Read more

SDGsいしかわ・かなざわダイアローグ総括シンポジウム『地域の未来をSDGsでカタチにしよう-Localizing SDGs-』

2018年6月にキックオフ円卓会議を開催して以来、OUIKが地域の皆様とともに、SDGsについて知り考えるため、すすめてきたダイアローグは、15回を重ねました。様々な地域課題の解決を目指して活動をしている地域のパートナー、国レベル、国際レベルのパートナーらとの対話から生まれた、協働の成果や課題を共有 ...Read more

5感を通じて考える生物文化多様性ワークショップがFuture Earth ブログに掲載されました

2018年4月、OUIKはストックホルムレジリエンスセンター、東京大学IR3Sと共同で生物文化多様性ウォーキングワークショップを開催しました。アジア、南アフリカ、南米、スウェーデン、ハワイなど様々な場所で自然と人間のつながりを研究する参加者が、都市部と農村部を取り巻く様々な外的変化に対し、生物文化多 ...Read more

OUIK設立10周年記念シンポジウム「生物文化多様性からSDGsの達成を考える」ー石川・金沢の未来ー

国連大学サステイナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK) は今年で設立10周年を迎えます。OUIKは2008年の設立当初より里山里海の再評価と国際発信により、地域と国際コミュニティを繋いできました。2015年からは、「生物文化多様性」というコンセプトのもと、金沢 ...Read more

OUIK 生物文化多様性シリーズ#4 「地図から学ぶ北陸の里山里海のみかた」

OUIK初のマップブックとして、北陸地方の里山里海の現状や変化、多様な見方を地図から学ぶ教材を発刊しました。北陸地方(石川、福井、富山、新潟、岐阜)のスケール、石川県のスケール、七尾湾のスケールといったマルチスケールでの地図情報をまとめています。(PDF:95MB)

関連ページ(Collections at UNU)  http://collections.unu.edu/view/UNU:6540

以下のファイルより内容をご覧いただけます。
See attachment.

UNU-IAS OUIK BCD Booklet 4 Satoyama and Satoumi Map Book (WEB) 144dpi

日本庭園ワークショップを開催しました!

6回目を迎える日本庭園ワークショップの開催報告アップしました。 ...Read more

【開催報告】都市の生態系サービスを将来へつなぐ庭園クリーニングワークショップ

6月24日、金沢市の卯辰山山麓寺院群で、Juan Pastor Ivars(ファン・パストール・イヴァールス)研究員の呼びかけで始まった「心の道歩き・心蓮社(しんれんしゃ)庭園清掃」のワークショップを実施しました(主催/国連大学サステイナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニッ ...Read more

【国際シンポジウム】新しい都市の未来 -文化、生物多様性、風景の交流

これまで農村部では、人々は地域の気候、地形、生態系に根ざした知恵によって生態系サービスを享受しながら、里山里海のような重層的な自然環境を形成してきました。近年、生活様式の近代化、都市への人口流出、人口高齢化などにより、自然と人間を繋いでいた伝統的な文化が急速に失われつつあります。その一方で、観光資源 ...Read more

さらに記事を見る

Pick up

Banner:Conference