OUIK > 生物文化多様性 > 地域との研究活動 > 金沢

生物文化多様性Biocultural diversity platform

金沢

金沢市 生物文化多様性圏と創造都市:持続可能な都市モデル

OUIKは発足以来、金沢市の多面的な都市機能に関する知見を集約し、セミナーやシンポジウムを通じて情報発信を行なってきました。中でも、金沢で育まれた城下町文化と自然との関係に注目した研究会「都市と生物多様性」を主催し、建築、食文化、工芸などの都市文化と生態系サービス(自然の恵み)との関連をそれらに携わる人びとと協力しながら、紐解いていく取組みを進めてきました。

OUIKでは現在「生物文化多様性圏 」という耳慣れない考え方を提唱しています。
これは、金沢の都市としての豊かさは、文化を支える自然、そして自然を生かす文化から成り、街の中心部は周辺部の自然や文化に支えられ、周辺部もまた中心部の影響を受けており、双方の持続性を考える必要があるという問題意識が込められています。もちろんその周辺部には、能登地域や加賀・白山地域が含まれます。
金沢は、山や海が比較的近距離に立地するという地理的条件に恵まれ、地形を巧みに利用した都市の骨格や、自然素材を取り入れた工芸技術、食文化などを発展させ、都市文化と自然の共存を守ってきました。OUIKでは、金沢の経験と戦略を、世界人口の半分以上が大都市に集中する現在における持続可能な都市のあり方のモデルとして検証し発信しています。

2015年5月、金沢市は日本の都市で初めてユネスコ創造都市ネットワーク会議金沢2015を開催しました。このタイミングに合わせ、OUIKはこれまでの取組みを総括するため、国際シンポジウム「石川ー金沢生物文化多様性圏ー 豊かな自然と文 化創造をつなぐいしかわ金沢モデル」〔2015年5月28日〕を主催し、「生物文化多様性圏」の考え方を提案しました。

金沢市との共同的な取組みは単に情報発信にとどまらず、金沢市の生物多様性地域戦略〔2016年3月策定〕の基本的な方針に生物多様性と文化多様性の保全の考え方が位置づけられ、政策立案に貢献する成果として結実しました。
これに先立ち、2015年には、渡辺OUIK所長が地域戦略策定委員会委員長に就任するとともに、OUIKと金沢大学留学生センター、金沢市が連携し国際的な視点からみた金沢の自然と文化に関するワークショップ、ならびに発酵食や和菓子などの生産事業者と連携した食文化に関する ワークショップを開催し、戦略策定に有用な情報を提供しました。
今後、OUIKでは地域戦略が実のある行動に結びつくことを目指し、金沢市が推進する生物文化多様性に関するキープロジェクトの実施を支援していきます。さらにこれらの一連の取り組みをユネスコ創造都市ネットワークの国際的な枠組みで発信し、世界の持続可能な都市づくりに貢献することを目指します。

News新着情報

【開催報告】地域から考える!! 「SDGs 指標のモニタリングとオープンガバナンス」 〜地域での SDGs実装に向けて、自治体はどう変わるか〜

国連持続可能な開発目標が2015年に採択から6年目を迎え、様々なセクターで目標とターゲット達成に向けた取り組みが実践されています。SDGs169のターゲットのうち65%は自治体の関与がないと達成が難しいと言われるほど、SDGs実践においては、自治体が重要な役割を担っていくことが国連の様々な会議で言及 ...Read more

【開催報告】SDGsカフェ#13「SDGsカフェ#13 市民全員が庭師になろう! 金沢SDGsをグリーンインフラから考える」

「グリーンインフラ」という言葉をご存知でしょうか? インフラと聞くとダム、道路などの社会基盤を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、グリーンインフラとは、多機能性という視点から自然を再評価することによって、持続可能な社会形成を目指した土地利用計画を指します。 金沢市は1968年に全国に先駆けて伝 ...Read more

【開催報告】SDGsカフェ×高校生「これからの学校、学びの在り方とは?」

今回のSDGsカフェは⾦沢市の⾼校⽣が主催するセミナーと連携し、2週連続、オンラインで開催しました。 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)によって、浮き彫りになった学校教育をめぐる課題──これからの学校や学びはどうあるべきなのか? 持続可能な学校や学びとは? そもそも、現在の学校体制の背景 ...Read more

【開催報告】SDGsカフェ#12「〜with コロナ時代だから考えたい〜 ESG投資が金沢に根付くには!?」

新型コロナウイルス感染症の流行が、少しずつ落ち着きを見せ始め、さまざまな業種でコロナ前の数字に戻すことが最優先課題となりつつあります。 一方で、「環境にも良い働き方」など、コロナ禍で芽生えた「新しい価値観」や「社会変革の芽」は失いたくないと感じている方も多いでしょう。 自然や環境、働く人々を ...Read more

石川県金沢市が「SDGs未来都市・自治体SDGsモデル事業」に選定されました!

2020年7月17日、金沢市は「2020年度SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定されました。テーマは「市民生活と調和した持続可能な観光の振興 ~「責任ある観光」により市民と観光客、双方の「しあわせ」を実現するまち金沢~」です。これは観光客が増加する中、自然・歴史・文化に基づく生物 ...Read more

「第1回IMAGINE KANAZAWA 2030推進会議」開催

2019年3月、国連大学OUIK、金沢市、金沢青年会議所の三者が協力し、持続可能な金沢をパートナーシップで実現するプロジェクト「IMAGINE KANAZAWA 2030」が発動しました。その一環として行われてきたSDGsミーティングでは、多様なステークホルダーが立場や世代を超えて集まり、金沢のある ...Read more

【開催報告】SDGsカフェ#11「持続とは変化!? ~with コロナ時代の働き方とリモートワーク~」

新型コロナウィルス感染症の感染拡大により、できるだけ出社を伴わないリモートワーク(在宅勤務、テレワーク)による働き方が、現在求められています。 リモートワーク導入に際してのさまざまなネックや、「導入してみたけど、いまいち生かし切れていない気がする」など、日々の思いを皆さんで共有したいと考えて、コロ ...Read more

【開催報告】SDGsカフェ#10「『スポーツ×SDGs』から考える金沢の可能性」

今年、2020年といえば東京オリンピックの年。日を追うごとにスポーツへの関心が高まっている中で、スポーツとSDGsの関係を考えてみました。 SDGsとスポーツって関係あるの? まずは、金沢市役所企画調整課の笠間彩さんから、金沢SDGsの5つの方向性の解説とともに、SDGsカフェ#8でもご登壇いた ...Read more

【開催報告】SDGsカフェ#9 「2030年の金沢の交通を考える」

回を重ねるごとに熱気を帯びてきた感があるSDGsカフェ。9回目となる今回は、「2030年の金沢の交通はどうなっていて欲しいか?」ということを、人々の幸せや魅力のあるまちづくりとリンクさせて、市民目線から議論をしました。 IMAGINEしてくださったのは、金沢レンタサイクル「まちのり」の仕掛け人でそ ...Read more

【開催報告】北陸SDGsステークホルダーミーティング2019

12/17日、金沢歌劇座にて北陸SDGsステークホルダーミーティング2019を金沢工業大学と共同で開催いたしました。 このミーティングは2019年9月6日、国連大学本部にて開催された「『SDGs実施指針』改定に向けたステークホルダー会議」(主催:SDGs推進円卓会議有志、国連大学サステイナビリティ高 ...Read more

さらに記事を見る

Pick up

Banner:Conference