OUIK > 活動記録 > 出版物 > 地域との研究活動 > 能登

能登:アーカイブ

ごっつぉ草紙 Red data cook book

2018年、国連大学OUIKでは「世界農業遺産(GIAHS)能登の里山里海」の価値を次世代に伝えるため、教育絵本「ごっつぉをつくろう」を制作しました。この本は季節ごとに様々な地域の食材を使いながら能登の祭りごっつぉ(ご馳走)を作っていく物語です。「食」を通じて能登の農業や生き物、文化の理解を深めることを目的としています。

2019年、このその絵本を元に輪島市で「地域に根ざした学びの場・まるやま組」では地域のご馳走の食材をあつめながら自然や文化について学ぶモデル授業「三井のごっつぉproject」を輪島市立三井小学校の児童を対象に行いました。

この「ごっつぉ草紙 Red data cook book」は一年を通して行ったこの教育活動の記録です。さらに授業の中では紹介できなかった地域に残る郷土料理や食材など「ふるさとの味」を季節ごとに紹介しています。

 

発行   2020年10月16日 World Food Day

制作   能登地域GIAHS推進協議会

協力   輪島市立三井小学校、輪島市三井公民館、市ノ坂集落、輪島エコ自然農、能登SDGsラボ、能登里山里海SDGsマイスタープログラム

企画・編集・デザイン・写真  萩のゆき(萩野アトリエ、まるやま組)
萩野紀一郎(富山大学芸術文化学部、まるやま組)

モニタリング・解説  伊藤浩二(岐阜大学、能登SDGsラボ連携研究員、まるやま組)

発行   国連大学サスティナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)

 

【イベント告知】GIAHSユースサミット世界農業遺産を未来と世界へ ―佐渡と能登からつながろうー

自分の住む地域が「世界農業遺産」(Globally Important Agricultural Heritage Systems=GIAHS)であること、その意味を考えたことはありますか?石川県の能登半島と新潟県の佐渡は、2011年先進国として初めて世界農業遺産に認定された地域で、今年認定10周年を迎えます。その間、地域の持つ魅力や課題を学んだり、ありたい未来をつくるために次世代を担うユースが様々な活動に取り組んできました。認定10周年の節目に、これからの未来をつくっていく次世代がGIAHSの価値とは?を考え、住み続けたくなるような地域の未来について話し考えるユースサミットシリーズを合計3回に渡って開催します。第1回、2回はオンラインで開催し、それぞれ能登半島、佐渡からGIAHSについて学びながら活動や考えを共有します。最終回は能登半島の現地の会場に集い、一緒に里山里海の未来を考えましょう!GIAHS認定地のユースたちが取り組んでいる活動について学んだり、他の認定地域のユースたちと交流したいユースの方ならどなたでもご参加いただけます。

 

第1回「実はよく知らない世界農業遺産」

日時:2021年10月16日(土)14:00-15:30
会場:オンライン開催
主催: 国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット
協力:佐渡市、新潟大学 佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室

プログラム
14:00-14:20 :「GIAHSを知ろう」 
国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット イヴォン・ユー研究員
14:20-14:30:石川県立能登高等学校(石川県能登GIAHS)
14:30-14:40:五ヶ瀬中等教育学校 (宮崎県高千穂GIAHS)
14:40-15:30:ユースによる交流会 
※Zoomのブレイクアウトルームやそのほかの機能を使って、取り組みの紹介、知り合う、ほかの人の取り組みを聞いてみたいなど様々なユースの視点を可視化します。

※本プログラムへの参加を希望される方は以下のURLからご登録ください。
https://unu-edu.zoom.us/webinar/register/WN_nRPRBKomTz6cShwrmM3VNg

 

第2回 「農村の未来の可能性を次世代と共に考え、切り拓いていくために」

日時:2021年10月30日(土)13:00-15:30
会場:あいぽーと佐渡+オンライン(ハイブリッド開催)
主催:佐渡市、新潟大学 佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室
協力:国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット、株式会社アンド

プログラム
13:05-14:15:第1部「未来をつくるアイデアを探究する」 

  • 里山未来オンラインワークショップ(2021年8月実施)で創造したさまざまなアイデアを、参加者が3分で発表。
  • 発表されたアイデアの中から「グッドアイデア賞」をSlidoなどを使いみんなで選出。

14:15-15:30:第2部「未来を創造するアクション」 

  • GIAHS認定地で展開する若者のアクションの事例共有(発表時間10分、質疑5分)
    1. 徳島大学「地域商品開発、生き物との共生、ジビエについて」
    2. 関西学院大学「宮崎・五ヶ瀬、関係人口について」
    3. 若者農学研究会「佐渡、教育と農業について」
  • 全員参加のディスカッション ずっと暮らし続けたいと思う農村、その未来とは? (Google jamboardを使ったディスカッション)

※本プログラムへの参加を希望される方は以下のURL先の案内をご参照のうえ申し込みください。
https://drive.google.com/file/d/1adT_Nq8jGTQbHJiJVKNH02lXMrurC5Th/view?usp=sharing

 

第3回 「世界農業遺産を未来と世界へ 佐渡と能登からつながろう」

日時:11月26日(金)9:30-14:00
会場:石川県七尾市 加賀屋あえの風奉燈会場+オンライン(ハイブリッド開催)
主催:国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット
協力:佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室

プログラム
※時間は他のプログラムの関係上、前後する可能性があります。

9:30−9:45:オープニング
9:45-11:15 :セッション1 私たちが伝えたい未来の世界農業遺産
11:30-12:30: セッション2 交流セッション(GIAHSに関心を有する駐日大使館関係者との交流)
12:30-13:30 :昼食
13:30-15:00 :セッション3 私たちが伝えたい未来の世界農業遺産を形にしよう

現地会場での参加者は国際会議の閉会式でのユースセッション報告を行っていただきます。
※オンライン申し込みは近日中に公開します。

参加対象:世界農業遺産について学びたい世界農業遺産認定地の若者。中学生も大歓迎です。最終回の第3回は、第1回、第2回を通じて未来の世界農業遺産について積極的に発信したい高校生以上を主な対象としています。

お問い合わせメール:unu-iasouik@unu.edu 電話:076-224-2266

 

能登GIAHS生物多様性ワーキンググループが始動しました

今年度、能登地域の自治体が組織する「能登地域GIAHS推進協議会」の中に「能登GIAHS生物多様性ワーキンググループ」が設立されました。世界農業遺産(GIAHS)に認定されている能登地域の生物多様性を今後も守り活用していくために、専門家や自治体職員などが意見交換をし、取組を進めていく場となることを目指して国連大学もサポートしています。

5月に1回目の会合、そして9月13日に2回目の会合がオンラインで開催されました。今年度は、能登地域で収集されている生き物のデータを蓄積したり、地域の方に生き物に関心を持ってもらったりするためにアプリを活用していくことなどを検討しています。夏の間には、地域の小学生や親子向けの生き物観察会の中でアプリの活用を試行するモデル調査を数件、地域の学校や活動団体に協力頂きながら実施し、9月の会合ではその結果も報告されました。10月には自治体のGIAHS担当職員向けのアプリの勉強会も開催される予定です。

写真:輪島市本郷地区モデル調査

アジア生物文化多様性国際会議開催一周年記念国際フォーラムシリーズ議事録〔電子版〕

2016年10月、石川県七尾市で開催された第1回アジア生物文化多様性国際会議から1年後、石川宣言の実施を推進するため、2回シリーズの国際フォーラムをが開催されました。

 

シリーズ第一回(2017年10月4日)

生物文化多様性とSATOYAMA -自然共生社会を目指す世界各国の取り組みを知る-

 

シリーズ第二回(2017年10月15日)

生物文化多様性を次世代が敬称する為に-東アジアの連携を考える-

 

能登生物多様性研究会の発足

能登の里山里海がFAOにより世界農業遺産(GIAHS)に認定されてから5年の節目を迎えようとしています。OUIKではそれに伴うアクションプランの改定作業やモニタリング作業の支援などを行ってきました。

中でも、4市5町にわたる能登地域で行われている生物多様性モニタリングの活動は、各市町や各種民間団体が独自に行っている生き物調査が中心であり、能登地域全体として統一されたモニタリング手法や生物多様性に関する情報発信や地域の方々と共有するしくみはまだ開発されていません。この現状を受けて、OUIKと金沢大学里山里海プロジェクトが中心となり、能登の生物多様性モニタリングや関連活動を通じて能登GIAHSに貢献するための生物多様性研究会を設立しました。メンバーには地域で生物多様性保全や環境教育に取り組んでいる民間団体の方々、能登の関連する研究機関の方々に参加いただいています。

1月23日には、OUIKがオブザーバーとして参加している、能登GIAHS活用実行委員会と能登GIAHS推進協議会の場で同会の発足を報告しました。今後は推進協議会の生き物しらべや関連する事業と連携しつつ、能登GIAHSとして豊かな生物多様性の保全とモニタリング、そして発信に貢献してゆきます。

OUIK 生物文化多様性シリーズ#4 「地図から学ぶ北陸の里山里海のみかた」

OUIK初のマップブックとして、北陸地方の里山里海の現状や変化、多様な見方を地図から学ぶ教材を発刊しました。北陸地方(石川、福井、富山、新潟、岐阜)のスケール、石川県のスケール、七尾湾のスケールといったマルチスケールでの地図情報をまとめています。(PDF:95MB)

関連ページ(Collections at UNU)  http://collections.unu.edu/view/UNU:6540

【開催報告】私たちが望む里海! –海洋研究における女性科学者の声

6月8日は国連が定める「世界海洋デーWorld Oceans Day」。国連大学サスティナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)は「世界海洋デーWorld Oceans Day」を記念して、6月8日にウェビナー「私たちが望む里海! –海洋研究における女性科学者の声」を開催しました。今回のウェビナーは、日本を拠点に里海の研究に取り組んでいる多国籍の女性研究者4名が集まり、初めて女性だけの講演者でのウェビナーを開催しました。

海洋は私たちの生活の源であり、地球上のあらゆる生命と人類の生計を支えています。今年2021年の「世界海洋デーWorld Oceans Day」のテーマは「海 – 私たちの生活と生計」です。また、今年は、「持続可能な開発のための国連海洋科学の10年(2021年から2030年)UN Decade of Ocean Science for Sustainable Development (2021 to 2030)」の開始年とも重なる重要な年です。この海洋科学の10年では、世界中が協力して、海洋科学が海洋生態系と社会により大きな利益をもたらすことを確固とするような協調的枠組みを構築してゆくことが期待されています。そのため、このウェビナーでは、とりわけ社会科学や沿岸景観に焦点を当てつつ、海洋に関する幅広い専門領域と全般的な理解に着目し、国連海洋科学の10年が呼びかける「私たちが望む海洋に必要な科学 – The Science We Need For The Ocean We Want」について考えてみました。

このウェビナーは、UNU-IAS OUIK永井三岐子事務局長のファシリテーションで、まずはUNU-IAS OUIKイヴォーン・ユー研究員から海洋が直面する課題について紹介がありました。イヴォーン・ユー研究員は海洋を守るために、海洋科学がより上手く情報を発信し、必要な行動を理解して即座に行動を取っていかなければならないことを強調しつつ、海洋の課題に関する全般的で確固とした知識を得るために社会科学が海洋研究に統合される必要性を指摘します。

イヴォーン・ユー研究員からの紹介に続き、3名のパネリスト、Dr Piera Biondi、豊島淳子氏、Ms Alana Bonziから沿岸景観、沿岸域における生物多様性、そして関連する生業の保全に関する研究事例や自身の活動経験について紹介がありました。続くパネルディスカッションでは、研究や社会活動を行う女性ならではの経験や視点について3名のパネリストから言及があります。海洋科学や海洋保全、また水産業や里海の生計を支援する職種において、非常に優秀な女性や知識が豊富で優れた技術を持つ女性に会う機会が多々ある一方で、女性の活躍をより目にみえるようにし、声が届くようにしていく必要があることに気づきました。最後に、自然科学と社会科学をより統合させたアプローチ、沿岸生態系の保全へのより一層の注目、そして、この国連海洋科学の10年の中でより多くの人々が海洋のために行動を取ることが進むことを期待して、このウェビナーは幕を閉じました。

英語で行われたこのウェビナーの詳細レポートを英語でお読みいただけます。

 

OUIK 生物文化多様性シリーズ#3「能登の里海ムーブメントー海と暮らす知恵を伝えていく」

2015年度からOUIKが能登GIAHSを構成する市町と開催してきた里海シリーズ講座の内容をまとめたものです。海を利用してきた地域に伝わる知恵、それらを守り、現在の社会環境に合わせて活用していく取組みをまとめています。

能登GIAHS「食の知識・技術を伝える」映像制作プロジェクト

能登地域には、人々の営みにより長い時間をかけて形成されてきた豊かな里山里海が存在し、2011年には国連食糧農業機関(FAO)の世界農業遺産(GIAHS)「能登の里山里海」として登録されました。能登地域の自然・生き物、農林水産業や伝統技術など里山里海の多岐にわたる営みや繋がりが、160もの構成資産とともに1つのシステムとして登録され、その保全と継承が推進されています。

国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(国連大学IAS OUIK)では、2020年末より、そのうち農林水産業や食の加工・保存に関する知恵や技術に焦点をあて、小山研究員が中心となって、能登GIAHSの「食の知識・技術を伝える」映像を制作するプロジェクトを開始しました。能登地域に今日も継承されている里山里海でとれた農産物や水産物を食材として活用する知恵や技術を次世代につなげるため、農家や漁師など地域の方にお話を伺い、映像記録として残し、伝えるプロジェクトです。

今回のプロジェクトでは、「発酵食(味噌)」、「山菜」、「魚介類(ナマコ)」、「海藻」の4つのテーマで映像制作を進めています。完成した映像は、2021年11月に開催が予定されている能登GIAHS10周年の国際会議に合わせて公開する予定です。

【論文の紹介】Ten Years of GIAHS Development in Japan

国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(国連大学IAS OUIK)の客員リサーチフェロー永田明と研究員のイヴォーン・ユーが、国連食糧農業機関(FAO)による世界農業遺産(GIAHS)の日本国内での発展に焦点を当てた英論文を執筆し、2021年7月発行のJournal of Resources and Ecology 12巻4号に掲載されました。是非、ご一読ください。

*論文はこちらのリンクからご覧になれます。

Pick up

Banner:Conference