OUIK > 催し事 > 地域との研究活動 > 能登

能登:アーカイブ

【開催報告】GIAHSユースサミットとエクスカーション(世界農業遺産国際会議サイドイベント)

石川県七尾市にて開催された世界農業遺産国際会議のサイドイベントとして国連大学OUIKは11月26日に「GIAHSユースサミット世界農業遺産を未来と世界へー佐渡と能登からつながろうー」27日に「ユースサミット参加者向けのエクスカーション」を開催しました。

ユースサミット参加高校:石川県立飯田高等学校、石川県立鹿西高等学校、新潟県立佐渡総合高等学校、日本航空高等学校石川、宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校(計40名)

ユースサミット参加大使国:セネガル、ブルキナファソ、ペルー

ファシリテーター:県内大学生の方や能登でインターン中の大学生

 

はじめに永井三岐子(国連大学OUIK)が開会挨拶、続いてGIAHSユースサミットシリーズ第1回、第2回の開催報告が行われました。

  • 第1回「実はよく知らない世界農業遺産」 - 小山明子(国連大学 OUIK)
  • 第2回「農村の未来の可能性を次世代と共に考え、切り拓いていくために」 - 飯森 翔太郎(若者農学研究会)

セッション1「私たちが伝えたい未来の世界農業遺産」では、4つのテーマ:①農業の生物多様性と里山里海の環境の保全 ②経済の活性化 ③文化の継承と発展 ④知識の継承と発信、に分かれ、グループディスカッションを行いました。学生たちは各テーマに関連する地域ごとの特色や活動例を紹介し合い、それらにどのような価値があり、なぜ未来に伝える必要があるのかを話し合いました。県内外から集まった初めて会う仲間たちとのセッションに、はじめは緊張している様子だった高校生たちも、お互いの地域についての理解を深め、だんだんと打ち解けていった様子でした。

セッション終盤ではディスカッション中に挙がった意見を元に、今後自分たちの地域のGIAHSを守り、地域文化を継承していくためのアクションプランを練り、「GIAHSユース宣言」としてまとめました。

 

 

 

 

 

 

ランチタイムでは石川県立鹿西高等学校家庭部が考案した「GIAHS体感弁当」を家庭部員のプレゼンテーションと共に楽しみました。このGIAHS弁当は「サミット参加者がGIAHSを体感できるように」と、鹿西高校家庭部の皆さんが心を込めて企画してくださったものです。能登GIAHS内で生産、採取された40種類以上もの食材が使用され、郷土料理のかぶら寿司や能登の海で採れた岩のりも一緒に振舞われました。セネガル駐日大使は、すべて地元の素材を使っあることや高校生が熱心に取り組んでいることに感心し、「君たちはGIAHSの大使だ」と称賛されいていました。

午後に開かれたセッション2「私たちが伝えたい未来の世界遺産を形にしよう」ではGIAHSに関心を有する国々の駐日大使も加わり、午前中に行われたセッション1の結果の発表と大使による発表が行われました。各グループの高校生代表が自分たちの地域のGIAHSの多元的な価値を未来へ伝えていくために、自分たちがどのような行動を起こしていきたいか、発表しました。そして、大人たちにはどういった協力をしてほしいか、熱量を持って伝えてくれました。

一方で、参加いただいた駐日大使からは、自分たちの国の自然や景観、農業、食文化や伝統文化といった地域の資産について紹介いただきました。発表の後、会場で質問するのは少し恥ずかしかったのか、高校生は個別に大使とコミュニケーションを取り各国のユースの活動、SDGsや気候変動への関心の有無などを尋ねるなどしていました。さらにこのセッション中に来場いただいた谷本正憲氏(石川県知事)からは、「今後、若い世代を中心としたGIAHSでの地域活動に期待している」と激励のコメントを頂きました。

 

イヴォーン・ユー(国連大学OUIK)がこのサミットの閉会の言葉を述べた後、一同は本会議のクロージングセッションにて「GIAHSユース宣言」を発表すべく、会場に向かいました。

各学校を代表した高校生5名がこの日行われたGIAHSユースサミットの報告と「GIAHSユース宣言」を発表すると会場からは大きな拍手が送られました。

 

翌日27日にはサミット参加者向けのエクスカーションツアーが能登DMC協力の元、開催されました。このツアーでは新潟県立佐渡総合高校と宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校の生徒10名と引率の先生方が参加し、ユースサミットの最後に学生たちが掲げた「体験の機会を見つけ、GIAHSへの理解を深める」という約束を具体化しました。

このツアーはGIAHSの5つの基準である、1)食料と生活の安全、2)農業の生物多様性、3)地域と伝統的な知識体系、4)文化、価値体系、社会組織、4)景観と海景の特徴、を学生に説明するために、現場を訪問し、体験することを目的として構成されました。

一番目の目的地はのとの里山・里海ミュージアムです。ここでは能登の歴史、伝統文化、環境や生物多様性の特徴について概観しました。

 

 

 

 

 

 

続いて、同じく七尾市の三次水産牡蠣養殖場を訪れ、里海のくらしを体験しました。何十年も家族経営で牡蠣養殖業を営んでいる方の経験談を聞きながら、牡蠣に付着している岩やフジツボを取り除く作業を体験をしました。その後、昼食は近くの牡蠣料理専門店浜焼き能登風土に移動し、焼き牡蠣やカキフライなど水揚げしたばかりの新鮮な牡蠣を使った里海の味を堪能しました。

昼食の後は、志賀町の細川農園に立ち寄り、この時期の里山の恵みを利用した「能登志賀ころ柿」について学びました。この産業もまた、農村地域で深刻化している後継者問題を抱える産業の一つです。代表の細川氏は「農業遺産地域には、そこにしかないストーリーをもった産業や製品がたくさんある、是非若い皆さんにはこれから色々な経験をして、将来また自分たちの地域に戻ってきて、それらを生かした活動を行ってほしい」と語りました。

 

その後一同は「里山まるごとホテル」へ移動し、東京から能登に移り住み、地域の食材を使ったレストランを営むオーナーのお話を聞きました。高校生からは「私は地元の食材を使ったお店を学校のプロジェクトとしてやってみたい」など、具体的なアイデアや意見が交換されました。

 

 

 

 

 

 

 

最後に能登GIAHSの代表的景観の一つでもある輪島市の「白米千枚田」へ足を運んだ一同は、小さな田がびっしりと並び、日本海へと続く絶景を堪能し、帰途につきました。

帰りの車中では、この2日間の感想や発見を参加者で共有しました。学生たちは「地元の方々と触れ合う貴重な機会に恵まれ、GIAHSについての知識が深まった」、「GIAHS地域にとって一番重要なのは「人」であるとわかった。今後、地域に貢献できるようにこの経験を生かしたい」と述べ、エクスカーションは幕を閉じました。

 

 

ごっつぉ草紙 Red data cook book

2018年、国連大学OUIKでは「世界農業遺産(GIAHS)能登の里山里海」の価値を次世代に伝えるため、教育絵本「ごっつぉをつくろう」を制作しました。この本は季節ごとに様々な地域の食材を使いながら能登の祭りごっつぉ(ご馳走)を作っていく物語です。「食」を通じて能登の農業や生き物、文化の理解を深めることを目的としています。

2019年、このその絵本を元に輪島市で「地域に根ざした学びの場・まるやま組」では地域のご馳走の食材をあつめながら自然や文化について学ぶモデル授業「三井のごっつぉproject」を輪島市立三井小学校の児童を対象に行いました。

この「ごっつぉ草紙 Red data cook book」は一年を通して行ったこの教育活動の記録です。さらに授業の中では紹介できなかった地域に残る郷土料理や食材など「ふるさとの味」を季節ごとに紹介しています。

 

発行   2020年10月16日 World Food Day

制作   能登地域GIAHS推進協議会

協力   輪島市立三井小学校、輪島市三井公民館、市ノ坂集落、輪島エコ自然農、能登SDGsラボ、能登里山里海SDGsマイスタープログラム

企画・編集・デザイン・写真  萩のゆき(萩野アトリエ、まるやま組)
萩野紀一郎(富山大学芸術文化学部、まるやま組)

モニタリング・解説  伊藤浩二(岐阜大学、能登SDGsラボ連携研究員、まるやま組)

発行   国連大学サスティナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)

 

【開催報告】世界農業遺産国際会議2021

石川県の能登半島と新潟県の佐渡は、2011年に先進国として初めて世界農業遺産に認定された地域です。今年認定10周年という節目の年を迎えたことを記念し、国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニット(国連大学OUIK)は石川県、農林水産省、国連食糧農業機関(FAO)、能登地域GIAHS推進協議会と共に「世界農業遺産国際会議2021」を石川県七尾市にて開催しました。さらに国連大学OUIKは本会議のサイドイベントとしてGIAHSユースサミット 世界農業遺産を未来と世界へー佐渡と能登からつながろうーを11月26日に開催しました。

※世界農業遺産は現代に残る伝統的な農業、農法、土地利用や文化、その土地の自然や生物多様性を守り、次世代に継承することを目的に国連食糧農業機関(FAO)が、2002年に創設したプロジェクトです。

今回、3日間にわたり開催されたこの会議では、谷本正憲氏(石川県知事)などが登壇した基調講演をはじめ、ハイレベルセッションや様々な分科会を通して国内外の認定地域の代表や政策担当者、研究者などが、気候変動や生物多様性の保全などの世界的課題に関して議論しました。また、農業遺産地域間の連携を深め、共通課題に共に取り組んでいくための方策についても検討されました。

会議初日、渡辺綱男(国連大学OUIK)がモデレーターを務めた分科会2〈社会〉テーマ:「GIAHSの動的保全を担う人材の確保・育成」では、金田直之氏(能登GIAHS推進協議会)、麥島洋介氏(有限会社阿弥陀ヶ滝観光)、林浩昭氏(国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会)、ユーラリー・ドゥルヌアン氏(フィリピンイフガオ州立大学)、ピエトロ・クラリチ氏(農業生産法人クラリチ)、パク・ヨノ氏(韓国農漁村公社・農村遺産協会)、が登壇し、コメンテーターは中村 浩二氏(金沢大学)が務めました。登壇者は各GIAHS地域の人材育成や保全活動について紹介し、意見交換を行いました。またイヴォーン・ユー(国連大学OUIK)は、GIAHS保全活動をさらに発展させるために、GIAHSのモニタリングと評価の実施と、国内外GIAHS間の連携強化が不可欠とコメントしました。

会議2日目のクロージングセッションでは「能登コミュニケ2021」が採択され、

①国内外の農業関係者や農業政策立案者との活動成果や情報の共有

②認定地の生態系や環境との調和

③地域資源を活用した新たな経済活動の創出

④気候変動や生物多様性などの世界的課題や国連の持続可能な開発目標(SDGs)への貢献

⑤開発途上国の候補地域支援

などを含めた8項目が発表されました。

クロージングセッションでは、国連大学OUIKが同日に開催したGIAHSユースサミットにて県内外のGIAHS地域の高校生が作成した「GIAHSユース宣言」も発表され、採択されました。

最後に谷本 正憲氏(石川県知事)、赤松 忠幸氏(農林水産省大臣官房審議官(兼 農村振興局))、遠藤 芳英氏(国連食糧農業機関(FAO)GIAHS事務局 GIAHSコーディネーター)、渡辺 綱男(国連大学OUIK所長)が会議参加者や関係者へ向けて感謝の意を表すとともに、今後の抱負を述べ、閉会のあいさつとしました。

 

国連大学OUIKが国際会議のポスターセッションにて掲示したポスターは以下から閲覧いただけます。

 

GIAHS Biodiversity WG Poster Jp Eng

Introduction of Technologies on Characteristic Analysis

OUIK_能登の里山里海映像制作‗ポスター

Education on GIAHS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【開催報告】シンポジウム「New Normal(ニューノーマル) 時代の農業遺産保全と価値の向上」

 国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)は、韓国農村振興庁(RDA)と共同で、2021年11月5日にシンポジウム「New Normal(ニューノーマル) 時代の世界農業遺産保全(GIAHS)の価値の向上」を開催しました。このイベントでは、COVID-19以降の「ニューノーマル」への移行を主なテーマとし、以下の2つを目的としました。

1)時代の変化に合わせてGIAHSを持続的に保全し、その価値を高める方法を模索する

2)世界的に重要なGIAHSの保全・管理に関するベストプラクティスと方向性を共有する

 RDAのテウン・ホ長官のはじめの言葉に続いて、UNU-IAS OUIKの渡辺綱男所長は、COVID-19のパンデミックによって人間と自然の共生がより一層重要となり、その実践地域としての役割を果たしていくGIAHS地域の可能性に注目が集まると期待し、本会議の議論の幕開けとしました。東京大学の八木信行教授は、人と環境が相互に依存し合い、共存することで繁栄する方法と関係性を明確に示すことが連食糧農業機関(FAO)のGIAHS申請審査時にも求められる重要な視点として強化されていると説明しました。GIAHSの価値を理解するために、UNU-IAS OUIKのイヴォーン・ユー博士とRDAのデヨン・ファン博士は、GIAHSの保全成果をモニタリング、評価することの重要性を強調しました。さらにUNU-IAS OUIKとRDAの共同研究である「GIAHSにおける特性分析と保全管理に関する技術の導入プロジェクト」で展開されている実用的な測定基準や指標を特定するための取り組みを共有しました。これらの発表を受け、韓国農林畜産食品部のアン・ジェロック氏は、農業コミュニティーの全体の暮らしを守り、環境保全対策を強化するために、GIAHSの現状維持に留まらず、多面的な価値の認識向上にも力を入れていくべきと話しました。

 続いて行われたプレゼンテーションとディスカッションでは、GIAHSが地域社会や人類にもたらす多面的な価値を「ニューノーマル」の時代にどのようにしてより広く認識してもらうかについて詳しく議論しました。RDAのミンチュル・ジョン博士は、最近韓国で実施されているGIAHSの参加型モニタリングプログラムを紹介し、モニタリングの重要性を改めて強調しました。林浩昭氏(国東半島宇佐GIAHS推進協議会会長)、高橋尚樹氏(大崎GIAHS推進協議会事務局長)、そして青山島の伝統的なクドゥルジャン灌漑棚田のコミュニティと密接に連携しているファン・キルシク氏(Myeonggso IMC研究員)は、それぞれのGIAHS地域での現在の実践と将来の計画について実例を挙げて話を進めました。特にこのパンデミックで大きな影響を受けた観光産業や商品販売を復活させることや、若い世代へのGIAHSシステムの教育、歴史の知識や文化的慣習の体系的な記録、金融投資を呼び込むインセンティブの創出などの重要性を強調しました。

 これらの発表を受けて、RDAのホン・ソクヨン博士と渡辺綱男博士は、若者をはじめとする従来とは異なるステークホルダーを巻き込んで、モニタリングを実用化することの重要性を指摘しました。これに対し、地球環境戦略研究機関(IGES)の斎藤修氏、パイチャイ大学のチェ・ジョンヒ氏、同志社大学の大和田順子氏からは、保全活動の評価と活用の方法として、日本のGIAHSが持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて積極的に活動していることなどの事例が紹介されました。

このシンポジウム「ニューノーマル時代におけるGIAHSの保存と価値の強化」は、ZoomやYouTubeの韓国語、日本語のチャンネルを通じて、120人近い参加者が集まりました。

 最後に、パンデミックを乗り超えて「ニューノーマル」の時代においての持続可能性な社会の実現へ向けて、GIAHSが果たす人間社会と自然環境の共生と保全への貢献と役割を再認識し、日韓のGIAHS地域が共通する課題の解決のために協力を深めることを期待して閉会しました。

 イベントの様子は、RDAのYouTubeチャンネルで韓国語と日本語で生配信され、日本語はこちら、韓国語はこちらでご覧いただけます。また、すべてのプレゼンテーションを含むプログラムは、こちらからダウンロードできます。

 

 

生物多様性ワーキンググループの活動紹介のポスターを作成しました

国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)では、今年度能登GIAHS推進協議会内に設立された生物多様性ワーキンググループの活動を支援しています。活動の一環として、主に専門家メンバーと協力して、これまでの活動成果と今後の展望をまとめたポスターを作成し、2021年11月25日~27日に七尾市で行われた「世界農業遺産国際会議2021」にて展示しました。

市民参加型で生物多様性をモニタリングする体制づくりに取組んでいること、活動資金の獲得に向けて取組んでいること、他の世界農業遺産(GIHAS)認定地域とも連携して、幅広いパートナーシップで取組を進めてゆきたいと考えていること、などが記載されています。

詳しくはぜひ以下のポスターをご覧ください。(日英)

GIAHS Biodiversity WG Poster Jp Eng

能登の里山里海「食の知識・技術を伝える」動画シリーズが完成しました

世界農業遺産「能登の里山里海」に認定されている能登半島で代々受け継がれてきた「食の知識・技術を伝える」映像制作を行いました。

地域で取れた作物を長期保存する技術や、余すことなく活用する技術、地域に昔から伝わる作物を自家採取で栽培する技術などは、気候変動や食品ロスなどが国内外で課題となり始め、持続可能な社会を目指す動きが活発化し始めている今、その重要性は増してきているのではないでしょうか。

能登半島は、こういった知識や技術を継承されている方々がまだまだ沢山いらっしゃる地域ではありますが、生活スタイルの変化などで急速に失われつつあるものもあります。

この動画を通じて能登半島に伝わる食の知識や技術に触れ、私達の食の未来について一緒に考えてみませんか?

全動画の視聴はこちらから

なお、本映像制作の企画段階では池森貴彦さん(石川県)、沢谷わたえさん(里山里海食堂「へんざいもん」)、萩のゆきさん(まるやま組)にご協力いただきました。ありがとうございました。

アジア生物文化多様性国際会議開催一周年記念国際フォーラムシリーズ議事録〔電子版〕

2016年10月、石川県七尾市で開催された第1回アジア生物文化多様性国際会議から1年後、石川宣言の実施を推進するため、2回シリーズの国際フォーラムをが開催されました。

 

シリーズ第一回(2017年10月4日)

生物文化多様性とSATOYAMA -自然共生社会を目指す世界各国の取り組みを知る-

 

シリーズ第二回(2017年10月15日)

生物文化多様性を次世代が敬称する為に-東アジアの連携を考える-

 

能登生物多様性研究会の発足

能登の里山里海がFAOにより世界農業遺産(GIAHS)に認定されてから5年の節目を迎えようとしています。OUIKではそれに伴うアクションプランの改定作業やモニタリング作業の支援などを行ってきました。

中でも、4市5町にわたる能登地域で行われている生物多様性モニタリングの活動は、各市町や各種民間団体が独自に行っている生き物調査が中心であり、能登地域全体として統一されたモニタリング手法や生物多様性に関する情報発信や地域の方々と共有するしくみはまだ開発されていません。この現状を受けて、OUIKと金沢大学里山里海プロジェクトが中心となり、能登の生物多様性モニタリングや関連活動を通じて能登GIAHSに貢献するための生物多様性研究会を設立しました。メンバーには地域で生物多様性保全や環境教育に取り組んでいる民間団体の方々、能登の関連する研究機関の方々に参加いただいています。

1月23日には、OUIKがオブザーバーとして参加している、能登GIAHS活用実行委員会と能登GIAHS推進協議会の場で同会の発足を報告しました。今後は推進協議会の生き物しらべや関連する事業と連携しつつ、能登GIAHSとして豊かな生物多様性の保全とモニタリング、そして発信に貢献してゆきます。

韓国/日本の世界農業遺産(GIAHS)地域の「GIAHSモニタリングワークショップ」開催

UNU-IAS OUIKとRDAは、2018年より「農業遺産システムにおける特性分析と保全管理に関する手法開発」共同研究プロジェクトを実施し、韓国と日本の経験に基づき世界農業遺産(GIAHS)モニタリングのための指標とガイドライン開発のための研究を進めてきました。その一環として、UNU-IAS OUIKとRDAは、試案となるGIAHSモニタリングの基準と指標を開発し、日韓のGIAHS地域関係者とそれらについて協議するためのワークショップを、2021年10月6日に韓国GIAHS地域、10月13日に日本GIAHS地域向けに開催し、日韓すべてのGIAHS地域からの行政担当者と関係者がご参加いただきました。

ワークショップでは、本研究がまとめた基準と指標についてその実現可能性を検討し、モニタリングの実施に直面する課題についてご意見をいただきました。さらにデータ収集とモニタリングの結果の有効的な活用、そしてGIAHSと持続可能な開発目標SDGsとの関連性について議論を深めました。

 

(左)2021年10月6日韓国GIAHSワークショップ、(右)2021年10月13日日本GIAHSワークショップ

 

参加者が活発に意見を交わし、主に下記のとおり認識を共有しました。

GIAHSのモニタリングは、主要な基本原則に基づいて行う必要があり、主に次のような原則のもとで実施するとよいと考えます。1)モニタリングの価値と目的を明確に定義し、データ収集の意義も明確にすることです。2)GIAHS関係者に負担をかけることなく重要な変化を追跡するために、より広い目的とGIAHSに特化した目標設定のバランスをとることです。 3)GIAHSのすべての要素を検証する難しさ、システム自体の複雑さとモニタリングの実施サイクル間に生じるギャップを考慮した現実的な基準と指標を設定することです。4)第三者による評価や参加型モニタリングのための地域住民の能力開発を含む、モニタリング活動のための適切な人員配置と資金提供を確保することです。5)モニタリング結果を共有するための戦略的方法を施策し、それらの方法を適切に活用しながら、新たな可能性や戦略的方向性を見つけ出し、行動計画を改善することです。

また、モニタリング指標は、適用可能で、実行可能で、関連性があるものにすることです。各自の地域実情に応じなら、GIAHS地域の全体的なニーズ、環境、文化的慣行の多様性、プライバシーや物理的要因によるデータ収集の困難に適応する標準と指標の設定が必要です。定量化できないデータは、GIAHSに対する住民の知識、態度、認識や、地域団体の活動を把握するためのアンケート調査などで補完することができます。モニタリングの実施方法と設計、持続可能な開発目標(SDGs)とGIAHSの保全との結びつきなど、GIAHSモニタリングに関する担当者や地域関係者向けの技術的研修はGIAHS地域の能力を向上させるのに役立ちます。具体的には、認知度が高いSDGsは、GIAHSに対する一般の認識を高め、社会、環境、文化の持続可能性に貢献するGIAHSのポテンシャルを理解、強化するためのプラットフォームとして活用できます。

上記のご意見を踏まえ、本研究は今年度内に(GIAHS)モニタリングのための指標とガイドラインにまとめることを目指します。また、以上の議論をさらに深めるために、UNU-IAS OUIKとRDAは、2021年11月5日(金)14:00から17:00に「New Normal 時代の農業遺産保全と価値の向上」と題した国際シンポジウムを開催します。詳しくはこちらをご覧ください。

2021年度 能登×イフガオ中学生国際交流プログラム①

昨年度より継続してきたフィリピン、イフガオと能登をつなぐ、国際交流プロジェクトが今回は珠洲市、緑丘中学校とフィリピン、イフガオ、ゴハン・ナショナル・ハイスクール間で行われました。

能登とフィリピンのイフガオは双方が世界農業遺産(GIAHS)に認定されており、里山マイスタープログラムの活動を通じて長年交流を深めてきたという背景があります。またこのプログラムは能登SDGsラボのSDGと共同で開催しています。

今年度の第一回目の交流は11月11日に開催され、お互いの自己紹介と地域の紹介を行いました。

緑丘中学校の皆さんは自分たちで作ったスライドに沿って英語で地域のお祭りや、産業、SDGsや環境問題に関する取り組みを紹介しました。

ゴハン・ナショナル・ハイスクールの皆さんはイフガオのGIAHSや工芸、イフガオ民族の伝統知識について紹介しました。緑丘中学校の皆さんは特にイフガオの彫刻の民芸品に注目している様子でした。

最後の質問セッションでは「イフガオではどんな食べ物をたべますか?」や「好きな歌手は誰ですか?」など様々な質問が飛び交い、生徒たちはお互いの暮らしや文化に興味深々の様子でした。

次回、緑丘中学校とゴハン・ナショナル・ハイスクールの第二回目の交流は1月を予定しています。

 

 

 

 

Pick up

Banner:Conference