OUIK > 活動記録 > 出版物 > 地域との研究活動

地域との研究活動:アーカイブ

ごっつぉ草紙 Red data cook book

2018年、国連大学OUIKでは「世界農業遺産(GIAHS)能登の里山里海」の価値を次世代に伝えるため、教育絵本「ごっつぉをつくろう」を制作しました。この本は季節ごとに様々な地域の食材を使いながら能登の祭りごっつぉ(ご馳走)を作っていく物語です。「食」を通じて能登の農業や生き物、文化の理解を深めることを目的としています。

2019年、このその絵本を元に輪島市で「地域に根ざした学びの場・まるやま組」では地域のご馳走の食材をあつめながら自然や文化について学ぶモデル授業「三井のごっつぉproject」を輪島市立三井小学校の児童を対象に行いました。

この「ごっつぉ草紙 Red data cook book」は一年を通して行ったこの教育活動の記録です。さらに授業の中では紹介できなかった地域に残る郷土料理や食材など「ふるさとの味」を季節ごとに紹介しています。

 

発行   2020年10月16日 World Food Day

制作   能登地域GIAHS推進協議会

協力   輪島市立三井小学校、輪島市三井公民館、市ノ坂集落、輪島エコ自然農、能登SDGsラボ、能登里山里海SDGsマイスタープログラム

企画・編集・デザイン・写真  萩のゆき(萩野アトリエ、まるやま組)
萩野紀一郎(富山大学芸術文化学部、まるやま組)

モニタリング・解説  伊藤浩二(岐阜大学、能登SDGsラボ連携研究員、まるやま組)

発行   国連大学サスティナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)

 

【イベント告知】GIAHSユースサミット世界農業遺産を未来と世界へ ―佐渡と能登からつながろうー

自分の住む地域が「世界農業遺産」(Globally Important Agricultural Heritage Systems=GIAHS)であること、その意味を考えたことはありますか?石川県の能登半島と新潟県の佐渡は、2011年先進国として初めて世界農業遺産に認定された地域で、今年認定10周年を迎えます。その間、地域の持つ魅力や課題を学んだり、ありたい未来をつくるために次世代を担うユースが様々な活動に取り組んできました。認定10周年の節目に、これからの未来をつくっていく次世代がGIAHSの価値とは?を考え、住み続けたくなるような地域の未来について話し考えるユースサミットシリーズを合計3回に渡って開催します。第1回、2回はオンラインで開催し、それぞれ能登半島、佐渡からGIAHSについて学びながら活動や考えを共有します。最終回は能登半島の現地の会場に集い、一緒に里山里海の未来を考えましょう!GIAHS認定地のユースたちが取り組んでいる活動について学んだり、他の認定地域のユースたちと交流したいユースの方ならどなたでもご参加いただけます。

 

第1回「実はよく知らない世界農業遺産」

日時:2021年10月16日(土)14:00-15:30
会場:オンライン開催
主催: 国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット
協力:佐渡市、新潟大学 佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室

プログラム
14:00-14:20 :「GIAHSを知ろう」 
国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット イヴォン・ユー研究員
14:20-14:30:石川県立能登高等学校(石川県能登GIAHS)
14:30-14:40:五ヶ瀬中等教育学校 (宮崎県高千穂GIAHS)
14:40-15:30:ユースによる交流会 
※Zoomのブレイクアウトルームやそのほかの機能を使って、取り組みの紹介、知り合う、ほかの人の取り組みを聞いてみたいなど様々なユースの視点を可視化します。

※本プログラムへの参加を希望される方は以下のURLからご登録ください。
https://unu-edu.zoom.us/webinar/register/WN_nRPRBKomTz6cShwrmM3VNg

 

第2回 「農村の未来の可能性を次世代と共に考え、切り拓いていくために」

日時:2021年10月30日(土)13:00-15:30
会場:あいぽーと佐渡+オンライン(ハイブリッド開催)
主催:佐渡市、新潟大学 佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室
協力:国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット、株式会社アンド

プログラム
13:05-14:15:第1部「未来をつくるアイデアを探究する」 

  • 里山未来オンラインワークショップ(2021年8月実施)で創造したさまざまなアイデアを、参加者が3分で発表。
  • 発表されたアイデアの中から「グッドアイデア賞」をSlidoなどを使いみんなで選出。

14:15-15:30:第2部「未来を創造するアクション」 

  • GIAHS認定地で展開する若者のアクションの事例共有(発表時間10分、質疑5分)
    1. 徳島大学「地域商品開発、生き物との共生、ジビエについて」
    2. 関西学院大学「宮崎・五ヶ瀬、関係人口について」
    3. 若者農学研究会「佐渡、教育と農業について」
  • 全員参加のディスカッション ずっと暮らし続けたいと思う農村、その未来とは? (Google jamboardを使ったディスカッション)

※本プログラムへの参加を希望される方は以下のURL先の案内をご参照のうえ申し込みください。
https://drive.google.com/file/d/1adT_Nq8jGTQbHJiJVKNH02lXMrurC5Th/view?usp=sharing

 

第3回 「世界農業遺産を未来と世界へ 佐渡と能登からつながろう」

日時:11月26日(金)9:30-14:00
会場:石川県七尾市 加賀屋あえの風奉燈会場+オンライン(ハイブリッド開催)
主催:国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット
協力:佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室

プログラム
※時間は他のプログラムの関係上、前後する可能性があります。

9:30−9:45:オープニング
9:45-11:15 :セッション1 私たちが伝えたい未来の世界農業遺産
11:30-12:30: セッション2 交流セッション(GIAHSに関心を有する駐日大使館関係者との交流)
12:30-13:30 :昼食
13:30-15:00 :セッション3 私たちが伝えたい未来の世界農業遺産を形にしよう

現地会場での参加者は国際会議の閉会式でのユースセッション報告を行っていただきます。
※オンライン申し込みは近日中に公開します。

参加対象:世界農業遺産について学びたい世界農業遺産認定地の若者。中学生も大歓迎です。最終回の第3回は、第1回、第2回を通じて未来の世界農業遺産について積極的に発信したい高校生以上を主な対象としています。

お問い合わせメール:unu-iasouik@unu.edu 電話:076-224-2266

 

能登GIAHS生物多様性ワーキンググループが始動しました

今年度、能登地域の自治体が組織する「能登地域GIAHS推進協議会」の中に「能登GIAHS生物多様性ワーキンググループ」が設立されました。世界農業遺産(GIAHS)に認定されている能登地域の生物多様性を今後も守り活用していくために、専門家や自治体職員などが意見交換をし、取組を進めていく場となることを目指して国連大学もサポートしています。

5月に1回目の会合、そして9月13日に2回目の会合がオンラインで開催されました。今年度は、能登地域で収集されている生き物のデータを蓄積したり、地域の方に生き物に関心を持ってもらったりするためにアプリを活用していくことなどを検討しています。夏の間には、地域の小学生や親子向けの生き物観察会の中でアプリの活用を試行するモデル調査を数件、地域の学校や活動団体に協力頂きながら実施し、9月の会合ではその結果も報告されました。10月には自治体のGIAHS担当職員向けのアプリの勉強会も開催される予定です。

写真:輪島市本郷地区モデル調査

IMAGINE KANAZAWA 2030 パートナーズ 交流会#5(2021年9月16日)の開催

金沢ミライシナリオをパートナーシップで実践するためのプラットフォームであるIMAGINE KANAZAWA 2030パートナーズ。2021年9月10日時点で157の企業、団体、個人が参加しています。パートナーズ交流会では、毎回、参加者が「パートナーズのみなさんと協働で実行したいプロジェクト」をピッチプレゼンし、それを起点に参加者同士で金沢ミライシナリオの実現に向けたディスカッションを行います。昨年度は合計2回の開催に留まりましたが、本年度は毎月開催することで、金沢ミライシナリオの実現と会員間の協働を進めていく予定です。

 

 

 

先日9月16日に2021年度第3回目、合計第5回目となるパートナーズ交流会がオンラインで開催されました。今回も各種団体、企業また個人の方と多くの方々にお集まりいただき、活発な意見交換が行われました。今回は、食糧不足と健康問題をテーマに活動するNPO法人TABLE FOR TWO、オーガニックとフェアトレードのお店を経営するほか、SDGs達成に向けた行動啓発のための映画上映を行う株式会社のっぽくん、「こころ豊かな暮らしを実現する」をテーマに人々の清潔、美、健康を支えてきた花王グループから花王グループカスタマーマーケティング株式会社の3団体がピッチプレゼンを行いました。

TABLE FOR TWOさんは、先進国の過度なカロリー消費とそれに起因する肥満や生活習慣病、反対に開発途上国で起こっている食糧不足と飢餓の両方を解決しようと取り組む団体です。企業の社員食堂や店舗で提供されるTABLE FOR TWOさん特製のヘルシーメニューが購入されることで、開発途上国に給食1食分が寄付される仕組みを作っています。これまで累計7,390万食が支援されたほか、709団体と提携してきた実績があり、2019年ジャパンSDGsアワードも受賞しています。金沢市でも株式会社白山さん、石川中央魚市グループの(株)マルストックさん、金沢大学などと提携し、自動販売機での飲料販売や地場食品の販売などを通した寄付の仕組みを導入しています。日本側で販売するメニューについては企業側の意向も踏まえ柔軟に対応しているそうです。

 

 

続いて、のっぽくんさんからは、のっぽくんが協力している「未来につなぐ映画祭」の紹介がありました。「未来につなぐ映画祭」は金沢市内の3会場(NOPPOKUN金沢港クルーズターミナルシネモンド)にて、SDGsに深く関わる合計5作品を9月4日から10月1日までの4週間にわたり上映します。どの映画も世の中や人生に関わる問題など、身近だけど知らなかった考えさせられるテーマを扱っていて、SDGs達成に向けて一歩踏み出すエネルギーを与えてくれるものです。加えて、文章では抽象的で難しいSDGsについて映像を通して噛み砕いて理解できるほか、各映画がSDGsのどの目標とリンクしているか表示されているので、まだまだSDGsについて分からない方でも自分ごととして捉えやすい内容になっています。のっぽくんさんは、5作品のほかにSDGsをテーマにした複数の映画を上映する権利を保持しています。今後は映画を通してSDGs達成に貢献するための交流の場を作っていくこと、企業向けのSDGsの勉強会などを行うことを検討しています。

 

 

最後に、花王グループカスタマーマーケティング株式会社さんから同社のSDGsへの取り組み内容をご紹介いただきました。花王グループはESG戦略として「My Kirei Lifestyle 世界中のお客さまのこころ豊かな暮らしを実現する」を掲げ、花王グループカスタマーマーケティング株式会社内にノルマを持たない社会コミュニケーション部門を設置。多様なコミュニティーとの積極的なコミュニケーションを行い、環境、健康、衛生、多様性の観点から社会貢献活動と生活者のこころ豊かな暮らしの実現を支援しています。具体的には、幼稚園や保育園向けの手洗い講座、小学生向けのプラスチックごみの環境講座、就活生や再就職者向けのメイク・スキンケア講座などを開催しています。今後、順々に取り組みの種類を増やすとともに講座の実施数も増やしていきたいそうです。前回のパートナーズ交流会で意見交換を行った石川シングルマザーの会さんとは、協力して公民館でメイクアップ講座を開催することが決まっているそうです。

 

 

ピッチプレゼンの後は、お馴染みのグループディスカッションが行われ、各発表者への質疑応答やどうしたらプロジェクト推進を後押しできるか、関連する課題を解決出来るか、話し合いが行われました。グループディスカッションの後、各グループでの話し合いの内容が参加者みんなに共有されました。共有された内容に対して更に、別の観点から新しい解決策や協働のアイディアが共有され、新しい協働プロジェクトのたねやネットワークも生まれました。ツエーゲン金沢 さんの子ども向けサッカー教室イベントと公式戦の合間に、施設を利用してのっぽくんさんと協力してSDGsの映画を放映するなどのアイディアも登場しました。

今回のパートナーズ交流会では、参加者が考えついたアイディアを自由に共有し合える交流会の場の中で更なる広がりが生まれ、プロジェクト推進のアイディアとつながりのきっかけが多数生まれる機会となりました。

今回のパートナーズ交流会では、ディスカッションに先立ち、IMAGINE KANAZAWA 2030パートナーズのコーディネーターを担当する橋本さんから交流会を通した協働の実現事例も共有されました。2021年度第1回目でピッチプレゼンされたkanazaWAZA研究所さんはパートナーズ交流会でつながりを作り、東京海上日動金沢支店さん、金沢機工さん、SYNCA DESIGN UNITさんと協働でサスティナアートプロジェクト放置竹林編を実施中。また、ピッチプレゼンの中でも紹介があったよう、石川シングルマザーの会さんと花王グループカスタマーズマーケティングさんがメイクアップ講座の開催を企画するなど、パートナーズ交流会を通した協働プロジェクトが着実に動き始めています。今後、橋本さんはコーディネーターとしてパートナーズ会員間の協働プロジェクトに伴走して調整を担い、協働の輪をどんどんと広げていく予定です。また、交流会を通して生まれた金沢ミライシナリオを実現する協働プロジェクトを進めている方がいらっしゃいましたら、ぜひ事務局までお知らせください。

IMAGINE KANAZAWA 2030パートナーズでは会員を随時募集しているほか、交流会でピッチプレゼンしたい企業、団体、個人の方も募集しています。ぜひ皆様のミライを作るアイデアを聞かせてください。

【イベント告知】SDGsカフェ# 18 木の文化都市・金沢の「木づかい」を考えよう!

★このイベントはオンライン開催です。こちらより事前登録が必要です。

国民一人当たり一年に1,000円が課税される森林環境譲与税を知っていますか? 課税が始まるのは2024年ですが、実はこのお金が前倒しで森林整備のために自治体に配布されています。森林面積が6割を占める金沢市にとって、森林資源を未来のために整えるまたとないチャンスです。そして造林事業が始まって50年、そろそろ建築木材も育ってきて有効活用したいところです。

一方、まちづくりでは、金沢町家のような古いものを守りながら、新たな建築物への木材利用や地元産材の活用を促進して「古くて新しくてここちよいまち」を目指す「木の文化都市」も始動しました。

「森林―林業―建築―街づくり」のサイクルを通じた木をめぐる循環型社会を構築するために、金沢に足りないものは何でしょう?そして、ほかの都市にはない強みもきっとあるはず。金沢の未来の街並みを一緒に議論してみませんか?

今回未来の金沢の景観をイマジンしてくださるのは、木造建築を専門に研究され金沢市木の文化都市検討委員も務めた宮下智裕さん。

アイデアを提供いただくのは、金沢市の森林の現状を報告してくださる上田博文さん(金沢市森林再生課)と、地域の森づくりとまちづくりのあいだをコーディネートし、地域の木材を活した木造建築を多く手掛けているNPO法人サウンドウッズの安田哲也さんです。

 

【開催概要】

日時:2021年10月14日(木)18:30~20:00
会場:オンライン こちらのURLよりお申し込みください。
https://unu-edu.zoom.us/webinar/register/WN_8hzFCqsdR_ejI1BDd6Hsjw
定員:200名(参加費無料、事前申込制)
※必ず上記URLより申し込みをしてください。

 

【プログラム】

●金沢SDGsについて:
国連大学IAS OUIK事務局長 永井 三岐子
●IMAGINEする人:
金沢工業大学 環境・建築学部 建築系 宮下智裕さん 
●アイディアを提供してくれる人:
金沢市 農林水産局 森林再生課 上田博文さん
NPO 法人サウンドウッズ 安田哲也さん
●オンラインディスカッション

 

【登壇者プロフィール(登壇順)】

宮下 智裕

金沢工業大学 環境・建築学部建築学科准教授 博士(工学)
南カリフォルニア建築大学(SCI-Arc)大学院修士課程修了、芝浦工業大学大学院博士課程工学研究科修了。2007年 から現職。構法デザインを中心に文化に根ざしたサスティナブルな建築、まちづくりを目指して活動中。静岡県生まれ。木の文化都市を考える金沢会議委員、金沢市景観審議会計画部会委員、金沢市地球温暖化対策推進協議会委員、他を務める。
受賞:金沢市都市美文化賞(2009)/ Low Carbon Life Design Award環境大臣賞(2009)他
著書:3.11以後の建築 金沢都市再編計画2014(学芸出版)/金沢らしさとは何か(北國新聞社) 

 

安田 哲也

NPO法人サウンドウッズ 

1970年兵庫県生まれ。京都工芸繊維大学で建築とデザインを学び、設計事務所勤務、青年海外協力隊参加経て、2005年から自身の建築設計活動を開始。2009年にNPO法人サウンドウッズ設立に参加し代表理事就任。地域の森づくりとまちづくりをつなぐ木材コーディネートを全国で展開中。一級建築士。

 

上田 博文

樹木医/金沢市役所農林水産局森林再生課 担当課長補佐
1975年大阪府生まれ。大阪芸術大学デザイン学科を卒業後、造園会社で働きながら、兵庫県立淡路景観園芸学校でランドスケープデザインを学ぶ。淡路島で空き家を活用したアート活動をした後、2009年に金沢市役所に入職。樹木医として主に金沢市内の保存樹の保護・治療を行うとともに、現在、森林再生課において森づくりに関わる計画の立案や市営造林事業などの森林行政に携わっている。

 

過去のSDGsカフェシリーズはこちらからご覧いただけますので是非ご覧下さい!

https://ouik.unu.edu/events/events_cat/sdgscafe

OUIK 生物文化多様性シリーズ#5 金沢の庭園がつなぐ人と自然  ー持続可能なコモンズへの挑戦ー

金沢の日本庭園の活用方法を防災、観光、景観など多面的なアプローチから解説すると共に、持続可能な都市と生態系保全に向けたアイデアを提唱しています。

地図情報の集約:生物文化多様性や生態系サービスを理解する学びに貢献

OUIKでは、『地図情報から見た能登の里山里海』、『地図情報から見た金沢の自然と文化』をはじめ、地域の自然と文化のつながりを分かりやすく理解するための地図情報整備を進めています。
北陸地方を対象として、県レベル、市町村レベルでのマルチスケールでの地図情報を集約しています。その際に、生物多様性、文化多様性、生態系サービスといったキーワードを軸に、地域のニーズを反映しながら、視覚化や定量化に工夫し、地域に役立つ学びと情報発信のツールづくりを行っています。

能登生物多様性研究会の発足

能登の里山里海がFAOにより世界農業遺産(GIAHS)に認定されてから5年の節目を迎えようとしています。OUIKではそれに伴うアクションプランの改定作業やモニタリング作業の支援などを行ってきました。

中でも、4市5町にわたる能登地域で行われている生物多様性モニタリングの活動は、各市町や各種民間団体が独自に行っている生き物調査が中心であり、能登地域全体として統一されたモニタリング手法や生物多様性に関する情報発信や地域の方々と共有するしくみはまだ開発されていません。この現状を受けて、OUIKと金沢大学里山里海プロジェクトが中心となり、能登の生物多様性モニタリングや関連活動を通じて能登GIAHSに貢献するための生物多様性研究会を設立しました。メンバーには地域で生物多様性保全や環境教育に取り組んでいる民間団体の方々、能登の関連する研究機関の方々に参加いただいています。

1月23日には、OUIKがオブザーバーとして参加している、能登GIAHS活用実行委員会と能登GIAHS推進協議会の場で同会の発足を報告しました。今後は推進協議会の生き物しらべや関連する事業と連携しつつ、能登GIAHSとして豊かな生物多様性の保全とモニタリング、そして発信に貢献してゆきます。

アジア生物文化多様性国際会議開催一周年記念国際フォーラムシリーズ議事録〔電子版〕

2016年10月、石川県七尾市で開催された第1回アジア生物文化多様性国際会議から1年後、石川宣言の実施を推進するため、2回シリーズの国際フォーラムをが開催されました。

 

シリーズ第一回(2017年10月4日)

生物文化多様性とSATOYAMA -自然共生社会を目指す世界各国の取り組みを知る-

 

シリーズ第二回(2017年10月15日)

生物文化多様性を次世代が敬称する為に-東アジアの連携を考える-

 

白山ユネスコエコパーク協議会の参与メンバーとなりました

hakusan-park-2

協議会で挨拶する渡辺OUIK所長

白山麓はユネスコエコパークとして(英語名:UNESCO Man and the Biosphere progaramme / Biosphere Reserve)1980年にユネスコにより認定されています。白山市は、白山手取川ジオパーク推進協議会事務局とユネスコエコパーク事務局を兼務しており、これは世界的にも珍しいケースとのことです。2016年白山エコパークにおいて移行地域の拡張申請を行うにあたり、白山地域を構成する4県7市村の自治体が中心となって2014年1月に協議会が発足しました。OUIKは2015年8月から協議会の参与として正式に就任し、エコパーク認定地域の計画見直しや承認プロセスについての情報収集や啓発普及のお手伝いをさせて頂くことになりました。

白山エコパーク協議会3

山田白山市長(左)から白山の自然と文化について伺いました。

 

2015年5月12日の第3回協議会の開催にあわせて、協議会会長である山田白山市長に、渡辺OUIK所長より参与メンバー就任のご挨拶をさせていただきました。ご自身も白山麓の出身である市長からは、白山の自然と文化について貴重なお話をたくさん伺うことができました。これからも地域が自然と共生するエコパークの理念を守りつつ白山麓の地域創生のお手伝いが出来ればと思います。

Pick up

Banner:Conference