OUIK > 催し事 > 地域との研究活動 > 能登 > 【イベント告知】GIAHSユースサミット世界農業遺産を未来と世界へ ―佐渡と能登からつながろうー

催し事Events

【イベント告知】GIAHSユースサミット世界農業遺産を未来と世界へ ―佐渡と能登からつながろうー

日時 / Date : 2021/10/16、10/30、11/26
場所 / Place : ハイブリッド

自分の住む地域が「世界農業遺産」(Globally Important Agricultural Heritage Systems=GIAHS)であること、その意味を考えたことはありますか?石川県の能登半島と新潟県の佐渡は、2011年先進国として初めて世界農業遺産に認定された地域で、今年認定10周年を迎えます。その間、地域の持つ魅力や課題を学んだり、ありたい未来をつくるために次世代を担うユースが様々な活動に取り組んできました。認定10周年の節目に、これからの未来をつくっていく次世代がGIAHSの価値とは?を考え、住み続けたくなるような地域の未来について話し考えるユースサミットシリーズを合計3回に渡って開催します。第1回、2回はオンラインで開催し、それぞれ能登半島、佐渡からGIAHSについて学びながら活動や考えを共有します。最終回は能登半島の現地の会場に集い、一緒に里山里海の未来を考えましょう!GIAHS認定地のユースたちが取り組んでいる活動について学んだり、他の認定地域のユースたちと交流したいユースの方ならどなたでもご参加いただけます。

 

第1回「実はよく知らない世界農業遺産」

日時:2021年10月16日(土)14:00-15:30
会場:オンライン開催
主催: 国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット
協力:佐渡市、新潟大学 佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室

プログラム
14:00-14:20 :「GIAHSを知ろう」 
国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット イヴォン・ユー研究員
14:20-14:30:石川県立能登高等学校(石川県能登GIAHS)
14:30-14:40:五ヶ瀬中等教育学校 (宮崎県高千穂GIAHS)
14:40-15:30:ユースによる交流会 
※Zoomのブレイクアウトルームやそのほかの機能を使って、取り組みの紹介、知り合う、ほかの人の取り組みを聞いてみたいなど様々なユースの視点を可視化します。

本プログラムへの参加を希望される方は以下のURLからご登録ください。
https://unu-edu.zoom.us/webinar/register/WN_nRPRBKomTz6cShwrmM3VNg

※このイベントはユースを対象にしたものですが、世界農業遺産についての講演はどなたでもご視聴いただけるものです。ご登録の際にはご所属を「その他」にチェックしてください。

 

第2回 「農村の未来の可能性を次世代と共に考え、切り拓いていくために」

日時:2021年10月30日(土)13:00-15:30
会場:あいぽーと佐渡+オンライン(ハイブリッド開催)
主催:佐渡市、新潟大学 佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室
協力:国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット、株式会社アンド

プログラム
13:05-14:15:第1部「未来をつくるアイデアを探究する」 

  • 里山未来オンラインワークショップ(2021年8月実施)で創造したさまざまなアイデアを、参加者が3分で発表。
  • 発表されたアイデアの中から「グッドアイデア賞」をSlidoなどを使いみんなで選出。

14:15-15:30:第2部「未来を創造するアクション」 

  • GIAHS認定地で展開する若者のアクションの事例共有(発表時間10分、質疑5分)
    1. 徳島大学「地域商品開発、生き物との共生、ジビエについて」
    2. 関西学院大学「宮崎・五ヶ瀬、関係人口について」
    3. 若者農学研究会「佐渡、教育と農業について」
  • 全員参加のディスカッション ずっと暮らし続けたいと思う農村、その未来とは? (Google jamboardを使ったディスカッション)

本プログラムへの参加を希望される方は以下のURL先の案内をご参照のうえ申し込みください。
https://drive.google.com/file/d/1adT_Nq8jGTQbHJiJVKNH02lXMrurC5Th/view?usp=sharing

 

第3回 「世界農業遺産を未来と世界へ 佐渡と能登からつながろう」

日時:11月26日(金)9:30-15:00
会場:石川県七尾市 加賀屋あえの風奉燈会場+オンライン(ハイブリッド開催)
主催:国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット
協力:佐渡自然共生科学センター コミュニティデザイン室

プログラム
(時間は他のプログラムの関係上、前後する可能性があります。)

9:30−10:00:オープニング
10:00-12:00 :セッション1 私たちが伝えたい未来の世界農業遺産
12:00-13:30: 昼食&GIAHS体感タイム/能登GIAHS10周年本会議視聴
13:30-14:30 :セッション2 交流セッション(GIAHSに関心を有する駐日大使館関係者との交流※)
14:30-15:00 :セッション3 私たちが伝えたい未来の世界農業遺産を形にしよう

現地会場での参加者は国際会議の閉会式でのユースセッション報告を行っていただきます。
※現在のところアフリカ、南米の3カ国を予定。確定しましたらご連絡いたします。

本プログラムへの参加を希望される方は以下のURL先からご登録ください。
https://forms.gle/NQc9Yg9pVxsCQUHq7

参加対象:世界農業遺産について学びたい世界農業遺産認定地の若者。中学生も大歓迎です。最終回の第3回は、第1回、第2回を通じて未来の世界農業遺産について積極的に発信したい高校生以上を主な対象としています。

お問い合わせメール:unu-iasouik@unu.edu 電話:076-224-2266

 

以下のファイルより内容をご覧いただけます。
See attachment.

GIAHSユースサミット 世界農業遺産を未来と世界へ

Map 地図

Pick up

Banner:Conference