OUIK > 催し事 > これまでの催し事 > 2018年7月 > SDGsダイアローグ第3回「『誰も取り残さない』は誰のため?を考える」映画上映会vol.2 in 金沢

催し事Events

SDGsダイアローグ第3回「『誰も取り残さない』は誰のため?を考える」映画上映会vol.2 in 金沢

日時 / Date : 2018/07/29 (日)
場所 / Place : 金沢学生のまち市民交流館・交流ホール
GOALS_0722_0729_上映会-01

SDGsが含まれる国連2030アジェンダ前文には、「世界を持続的かつ強靱(レジリエント)な道筋に 移行させるために緊急に必要な、大胆かつ変革的な手段をとることに決意している。我々 はこの共同の旅路に乗り出すにあたり、誰一人取り残さないことを誓う」とうたわれています。

「誰も取り残さない」、この言葉は一義的には、今の経済開発、社会開発から取り残されている人々を念頭においています。すべての人が開発の恩恵を受けるることはもちろんのこと、すべての人が尊重され、価値を提供できる多様性が担保された社会は、実は私たち一人一人にとっても生きやすい社会でもあるはずです。

これから国境を超えて子供達の学びはグローバル化していきます。多文化、多様性を認め合いその中で他者への理解を深めていくにはどうしたらよいか、様々な事情を抱えパリ10区の公立高校のフランス語適応クラスに集まった子供達のドキュメンタリー「バベルの学校」を上映します。国際交流拠点都市、ユネスコ創造都市、金沢から多様性を認め合う大切さを考えます。

この企画はワールドシアタープロジェクト 北陸とのコラボ企画です。

後援:金沢市

13:00 開場(定員50名)

13:30 開会、挨拶

13:45 「バベルの学校」上映開始

15:45 トークイベント

16:30 終了予定

お申し込みはページ下の申し込みボタンから、お名前、人数、連絡先をメールでお願いします。

GOALS_0722_0729_上映会-02

以下のファイルより内容をご覧いただけます。
See attachment.

SDGs_movie

Pick up

Banner:Project 101

Banner:Conference