OUIK > 催し事 > SDGsダイアローグ第1回「子ども達の傷つきに向き合うということ]

催し事Events

SDGsダイアローグ第1回「子ども達の傷つきに向き合うということ]

日時 / Date : 2018/07/07 13:30~16:30 (受付開始・開場13:15)
場所 / Place : 金沢市弁護士会館(裁判所となり)
sdg_new_icon_01_jp

6月4日にキックオフしたSDGsいしかわ・かなざわダイアローグの第1回イベントが開催されます。石川県初となる自立援助ホームを開設したNPO法人しぇきらり主催のシンポジウム、傷ついた子供達が置かれている環境や、彼らへの向き合い方について専門家のお話を伺います。そのあとはグループディスカッションが予定されています。

SDGsゴール1ではあらゆる場所のあらゆる貧困をなくすとうたっています。日本でも子供の貧困率(相対的貧困率)は約7人に1人と言われており、このイベントが、豊かな日本の豊かな石川の「見えにくい子供の貧困」が議論される対話のきっかけとなることを目指します。

自立援助ホーム」とは?(しぇきらりホームページより)

何らかの理由で家に帰れなくなったり、児童養護施設や児童自立支援施設を退所しなければならなくなった主に中学卒業後の子ども達が、社会に出て働き、生活していくための準備をするため、「家庭に近い環境」のなかで安心安全して暮らせる場所です。2017年5月15日現在、全国に自立援助ホームは137施設ありますが、石川県には長い間、一つもない状態が続いていました。私たちNPO法人シェきらりは、2018年2月1日に、石川県初となる女の子の自立援助ホームを開所しました。

参加費:無料 参加申し込み:不要(お問い合わせ:しぇきらり専用携帯 090-1390-8195)

プログラム

1.話題提供 報告 子ども達と向き合う現場から

  • 西上純一先生 (元中学校校長)
  • 常盤秀樹氏 (児童相談所職員)
  • 佐道 寛氏 (児童養護施設職員)
  • 森 昭憲先生(児童精神科医)

2.グループディスカッション

ファシリテーター:本田徹先生(精神科医、ほんだクリニック)(予定)

沼田直子(シェきらり理事、小児科医、県南加賀保健福祉センター)

 

以下のファイルより内容をご覧いただけます。
See attachment.

kirari

Pick up

Banner:Project 101

Banner:Conference