OUIK > 催し事 > これまでの催し事 > 2018年3月 > 国際ワークショップ白峰2018 「多様な関係者とつくる山岳ユネスコエコパークの大学教育」

催し事Events

国際ワークショップ白峰2018 「多様な関係者とつくる山岳ユネスコエコパークの大学教育」

日時 / Date : 2018年3月31日(土) 14:00~16:00
場所 / Place : 「与平」※江戸時代に築造された古民家  〒920-2501 石川県白山市白峰ロ130−1  特定非営利法人白山しらみね自然学校
MP020180331チラシ

※申込不要

※参加無料

 

 

言語:日本語・英語

(※コーディネーターや発表者などによる逐次通訳有)

 

共催:

国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)、特定非営利法人白山しらみね自然学校、白山ユネスコエコパーク協議会、金沢大学国際機構

 

協力:石川県白山自然保護センター

 

プログラム

 14:00-14:10 趣旨説明(会場説明)

14:10-14:40 ミニ講演

「スコットランドのユネスコエコパークと

 ハイランズ・アイランズ(高地と島嶼)大学の活動紹介」

マーティン・プライス(スコットランド、ハイランズ・アイランズ大学教授)

 

14:40-15:25 事例紹介

事例紹介①「白山ユネスコエコパークの概要」

 高崎英里佳(白山ユネスコエコパーク協議会事務局員)

 

事例紹介②「白山の自然に関するモニタリング調査」

 栂 典雅(石川県白山自然保護センター所長)

 小川弘司(石川県白山自然保護センター主任研究員)

 

事例紹介③「持続可能な地域づくりに向けた大学教育

      -白峰地区の事例から」

 アイーダ・ママドヴァ(金沢大学国際機構特任准教授)

 15:25-15:55 意見交換

 15:55-16:00 閉会

 

問合せ先(兼ワークショップコーディネーター):iida@unu.edu

飯田義彦(UNU-IAS OUIKリサーチアソシエイト/  白山ユネスコエコパーク協議会

事務局アドバイザー )

 

※マーティン・プライス氏

山岳研究者。英国MAB国内委員会副委員長(元委員長)。ユネスコのMAB計画事業において大きな役割を果たしており、MAB戦略作成メンバーの1人。 2018年3月~4月、日本学術振興会・短期外国人招へい研究者として来日。

 

* ワークショップチラシPDF

Pick up

Banner:Project 101

Banner:Conference